社葬・団体葬

公的な儀式である社葬
万全の準備を

葬儀は故人のためだけでなく、残された人達のために行われるという意味合いがあります。特に、社葬を行う場合は、公的な儀式であることを忘れずに万全の準備が必要です。

社長の死は事業承継を意味します。取引先や金融機関からすれば、葬儀の場は、社長の後を継ぐのは誰なのか、その人物からどんな挨拶が聞けるのかは、今後の付き合い方を見定める機会です。一方、中小企業の場合は、後継社長が対外的に所信表明できる最初の機会と言えます。社葬を行う側は、葬儀は故人のためだけでなく、お世話になった人へのお礼、会社の関係基盤の再構築、会社同士のコミュニケーション強化など、事業承継の目的を含んでいることを意識しておかねばなりません。
社葬に関しての見識を深めてもらい「我が社の社葬」を明文化しておくことが必要となります。

企業・団体代表者様、総務担当者様へ

社葬・団体葬は
ベルモニーにご用命ください

ベルモニー葬祭は社葬・団体葬も承っております。また、社葬・団体葬の事前相談や、事前見積もりも無料で行っています。まずはお電話ください。

電話対応時間:年中無休、24時間受付

松山・中予

089-974-4441

東予

0897-31-7441

高知

088-861-4441

幡多

0880-35-4441